【ベトナム】安心といわれるタクシー会社もボッタクリがある

【ベトナム】安心といわれるタクシー会社もボッタクリがある

安心できるタクシー会社「マイリン」。ベトナムの都市部では全土で見られるので、外国人観光客にとって利用頻度が最も高いタクシーになる。(高田胤臣撮影)

 2018年10月21日、ベトナムは物価が安い観光国として、日本人から人気がある。治安も比較的良好で、東南アジア旅行が初めての人でも安心して旅行することが可能だ。

 ただ、観光客にとって100%安心・安全というわけではなく、ボッタクリや置き引きなどのトラブルは少なくない。

 例えば、タクシーのボッタクリは非常に多い。料金メーターを不正改造しているか、外国人だからとメーターを使わず、言い値で料金をふっかけてくる。特に空港から市街地に向かうタクシーに悪質なものが多く、近年はエアポートバスが配備されるようになった。ハノイやホーチミンといった都市部は市街地も安心できない。

 観光ガイドブックなどでは信頼できるタクシー会社の車両を利用すれば問題ないとされる。例えば車体が緑色の「マイリン」や白い車体に赤いラインと深緑色のラインが下部に入っている「ヴィナサン」は問題ないとされる。実際に在住日本人やベトナム人もそうであると説明する。

 しかし、タクシードライバーも人である。最近はそれら優良タクシー会社の車両も増えたことで管理が行き届いていないのか、これらのタクシー業者でもボッタクリが見られるようになっている。

 そのため、安心して利用できるタクシーはスマートフォンの配車サービスを行うアプリケーションをあらかじめダウンロードして利用することが一般的になっている。ベトナム人でも都市部では手を挙げてタクシーを停めるよりも、アプリで呼びつける方が多くなっている。ベトナムのタクシー事情は刻一刻と変化しているようである。

【編集:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)