もっと楽しいフィリピン、おいしい簡易食堂トロトローレストランを超えた味で大繁盛

もっと楽しいフィリピン、おいしい簡易食堂トロトローレストランを超えた味で大繁盛

パンパンガ州・アンヘレスのRumiホテルの近くにある、美味しい簡易食堂「トロトロ」2018年11月3日12時40分ごろ撮影

 2018年10月3日、アジアの美食中心地を目指すフィリピン。毎年、『マドリー ド・フュージョン・マニラ』を開催し食の情報発信を行っている。

 パンパンガ州・アンヘレスのRumiホテルの近くにある、美味しい簡易食堂「トロトロ」が大繁盛している。この日は、煮魚やチキン・アドボなど6品が並んだ。一品40〜50ペソ(90〜110円)程度。開店は午前11時30分ごろ、料理が売れ切れると閉店だ。連日午後2時ごろには1品しか残っていないことが多い。夫妻は、以前はそれぞれ別のレストランで料理長を勤めていた経歴を持つベテランコック。孫娘も時々店を手伝っており、マスコット的な看板娘として常連客に愛されている。

 この地域は、外国人向けのレンタルアパートも多く、長期滞在者の中にもこの店の味のフアンは多い。
【編集:KH】

関連記事(外部サイト)