日本テーマパーク「Hinoki land」金閣寺・伏見稲荷の鳥居も登場! インスタ映え大人気スポットへ

タイ・チェンマイに日本がテーマの"Hinoki land"オープンへ プレオープン中は大好評

記事まとめ

  • 2018年11月、タイ・チェンマイに日本をテーマにした「Hinoki land」がオープンする
  • 現在プレオープン中で入場料は無料、日本に行ったような写真が撮影できると大好評
  • レンタル浴衣の着付けも行なっており、金閣寺や伏見稲荷の鳥居などが再現されている

日本テーマパーク「Hinoki land」金閣寺・伏見稲荷の鳥居も登場! インスタ映え大人気スポットへ

日本テーマパーク「Hinoki land」金閣寺・伏見稲荷の鳥居も登場! インスタ映え大人気スポットへ

大人気スポット『Hinoki land』(写真提供インペリアル メーピン ホテル チェンマイ勤務Pra Phan氏)

 2018年11月に、タイ・チェンマイのチャイプラーカーン郡に、日本をテーマにした「Hinoki land」がオープンする。

 現在、プレオープン中で入場料は無料。日本好きの多くのタイ人に日本に行ったような写真が撮影できると大好評だ。レンタル浴衣の着付けも行なっており、浴衣姿をSNSにアップする日本ファンのタイ人女性も多い。

「Hinoki land」は、チェンマイから北に120kmのチャイプラーカーン郡に約7億円で建設された、チェンマイの新観光スポット。金閣寺や伏見稲荷の鳥居などがユル〜ク再現されている。

 インペリアル メーピン ホテル チェンマイ勤務のPra Phan氏によると「とても素晴らしい日本のテーマパークがまもなくオープンします。広大な敷地に登場した金閣寺は、中に入ることが出来て眺めも絶景です。チェンマイに来て日本を知る海外からのお客様も増えそうです。ヒノキの香りに包まれて、森林浴より凝縮した癒しパワーを貰えそうです」と大絶賛。
【編集:LM】

関連記事(外部サイト)