バンコクで舞踏公演「大野一雄について」開催ーアーティスト・川口隆夫

バンコクで舞踏公演「大野一雄について」開催ーアーティスト・川口隆夫

舞踏公演「大野一雄について」の舞台風景。(写真提供:国際交流基金バンコク日本文化センター)

 2018年10月26ー28日、国際交流基金バンコク日本文化センターがバンコクのチャン劇場との共催で、川口隆夫氏による舞踏公演「大野一雄について」を開催する。3公演の予定。

 大野一雄は73歳で海外デビューした舞踏家で、世界のダンス界に衝撃を与えながら103歳の逝去直前まで踊り続けたという、舞踏会では伝説の人物だ。そんな大野一雄が残した公演ビデオを元に、数々の舞台に立ってきたアーティスト・川口隆夫氏がその動きを「完全コピー」した舞踏公演「大野一雄について」がバンコクで観劇できる。

 ダンサーとしての「大野一雄」を再現しようとする試みであるこの公演は、タイ古典仮面舞踊劇「コーン」の技術をベースにしながら、一方でその枠にとらわれない独自の舞踊メソッドを編み出すものとして、すでに世界30都市以上で絶賛されてきた。本公演は東南アジアではインドネシアに続き、2国目となる。

 会場はバンコクのチャン劇場。プラチャウティット通りのソイ61の奥にあり、開催中は大野一雄の貴重な資料なども展示される予定だ。日程は10月26日(金)19:30開演、10月27日(土)19:30開演、10月28日(日)14:00開演の3公演で、公演時間は110分を予定している。
 
 チケットは700バーツで、オンライン予約はFacebook「Chang Theatre」。電話予約は「タイ・099-213-5639」。ただし、予約はいずれの方法でも英語またはタイ語が必要。
【編集:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)