【タイ国際航空】日本発着バンコク往復3万円から、ヨーロッパ12都市往復5万円からのタイムセール

【タイ国際航空】日本発着バンコク往復3万円から、ヨーロッパ12都市往復5万円からのタイムセール

タイ国際航空CAのイメージ

 2018年10月16-25日まで、タイ国際航空(TG)は、10日間のみ販売のタイムセール運賃(TGスーパー アドバンス ディール)を発売している。対象出発日は、2019年5月5日から6月30日まで。

 これまでのタイムセールに比べリーズナブルなお得感の高い運賃を提示した。また、札幌発着を含め日本発同一料金。注意事項としては、事前の座席指定は出来ず当日空港でのチェックイン時にリクエストを出す方式で、受託手荷物許容量は20キログラムまでとなる。最長旅行期間1カ月、羽田発の設定は無い。

 東京(成田)・大阪・名古屋・福岡・札幌発 エコノミークラスの往復運賃は、バンコク30,000円〜。プーケット、チェンマイ、クラビ35,000円〜。ホーチミン、ハノイ、プノンペン、ヤンゴン、ビエンチャン、シンガポール、クアラルンプール38,000円〜。ジャカルタ、デンパサール43,000円〜。シドニー、メルボルン、ブリュスベン、パース45,000円〜。ヨーロッパ12都市(フランクフルト/ミュンヘン/ウィーン/パリ/ブリュッセル/ローマ/ミラノ/ロンドン/チューリヒ/コペンハーゲン/オスロ/ストックホルム)50,000円〜となっている。【諸費用は別途必要】

 LCCの運賃に比べても、割安感の高い料金設定になっており、今から、来年の5月・6月の旅行日程を確定できる人にとっては、またとないチャンスだ。タイ国際航空は、英国の航空業界専門の調査会社であるスカイトラックス社が行った「2018 ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」で、エコノミークラス全般の品質とサービスについての利用者からの評価と、エコノミークラスの機内食の評価が2年連続で1位に輝いている。

 タイムセール運賃(TGスーパー アドバンス ディール)は、TGオンライン予約システム(Royal e-Booking)の他、TGコールセンター、旅行会社でも購入できる。
【編集:KK】

関連記事(外部サイト)