【タイ】日本を売り込め! 富士吉田市と京丹後市商工会がアンテナショップでアピール

【タイ】日本を売り込め! 富士吉田市と京丹後市商工会がアンテナショップでアピール

タイメディアの取材を受ける富士吉田市前田繁夫副市長ら(左)

 2018年10月18日、バンコク都心シンハコンプレックスモールG階に今月オープンした日本のアンテナショップ1887に於いて、富士吉田市と京丹後市商工会がそれぞれの魅力や物産をアピールするために来タイ。タイメディアや来店客に売り込みを行った。

 富士山と五重塔と桜。タイ人なら誰でも知っているほどのインスタスポットがある富士吉田市は、海外で初めてのPR拠点を1887に出展した。そのオープンを記念して、前田重夫副市長が来タイ。同店で集まったタイのメディアに同市の魅力と共に、より多くのタイ人観光客に訪れて欲しいと語った。

 また併せて、海の京都と呼ばれる京丹後市商工会も地元の物産品を紹介。海と山、豊潤な土地に育まれ、今が旬の梨や高級シャインマスカットなどを生産農家の方々自らが、来店客に売り込んでいた。

 取材に訪れていたメディア関係者の一人は「以前から富士山と五重塔の写真はよく知っている。でも、富士吉田市にあるという事を知っている人はまだ少ないかも知れない。今回の出展で、きっと知名度は上がるでしょう」と話した。
【取材・編集:TS】

関連記事(外部サイト)