韓国国防省が恐れる「国際連合安全保障理事会」での審議

韓国国防省が恐れる「国際連合安全保障理事会」での審議

哨戒機「P-1」出典:海上自衛隊ホームページ [この写真は、韓国国防省反論動画のYouTubeサムネイル(表紙)に機番 04 5504 を消し、角度を修正し使用しているとみられる]

 2019年1月7日、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件について、韓国国防省は4日に反論動画(韓国語版・英語版)をYouTubeで公開しさらに、6カ国言語版の追加を行うと公表した。
 
 韓国の事情に詳しい専門家は「韓国国防省は、根拠の無い自信で、でたらめな対応をしています。しかし、内心は怯えて震えており精神状態はかなり不安定なんです。日本が国際連合安全保障理事会に今回の証拠を示し、審議を依頼したら、全ての嘘がばれてしまい、国家としての信用は失墜し、大きく揺らぎ、経済危機に陥る恐れもあります。自民党の会合で安保理との話がでて、涙目状態の幹部も増えているそうです。動揺は隠せません。嘘を重ねると事態が悪化し、誤魔化しが通じないことを韓国に学習させる良い機会です」と解説する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)