LCC専用、バンコク・ドンムアン空港もラウンジが充実! 成田空港第3ターミナルはラウンジ無し

LCC専用、バンコク・ドンムアン空港もラウンジが充実! 成田空港第3ターミナルはラウンジ無し

LCC専用のバンコク・ドンムアン国際空港 国内線の第2ターミナルには、The Coral Executive Loungeザ・コーラル・エクゼクティブ・ラウンジ)2019年2月撮影

 2019年2月25日、LCC専用のバンコク・ドンムアン国際空港(Bangkok Don Mueang Intl)は、ラウンジの機能を充実させるなど、快適な旅をアシストするため進化を続けている。 国内線の第2ターミナルには、The Coral Executive Loungeザ・コーラル・エクゼクティブ・ラウンジ)がある。

 ヨーロピアン調の家具で、落ち着いた雰囲気を醸し出している。気品高いイメージだが、アテンダントも笑顔のタイ人が微笑ましい。

 壁沿いのソファーに横たわり、同行の人に頭のマッサージをして貰って寛いでいる旅行者もいた。朝8時過ぎは利用客も少なく、ゆったりくつろげる。

 料理は軽食で味は普通、コーヒーマシンの機嫌が悪く、カプチーノには少し時間がかかったが、デザート類はなかなかの味。白と黒のチョコレートがとても美味しかった。国際線のラウンジはフルミールのビュッフェが美味しいとの噂。両方ともプライオリティパスで利用可能。

 プライオリティパスは、日本国内では成田空港や関西空港で使用できるが、羽田空港では使用できない。

 LCC専用の成田空港第3ターミナルはラウンジが無く、戸惑う外国人旅行者も多い。エコノミークラス客でも利用できる航空会社以外のラウンジの設置は、日本は韓国よりも大きく遅れている。
【編集:SK】

関連記事(外部サイト)