文政権が絶版に持ち込みたい書籍『韓国人に生まれなくてよかった』7刷の人気本に

文政権が絶版に持ち込みたい書籍『韓国人に生まれなくてよかった』7刷の人気本に

『韓国人に生まれなくてよかった』

 2019年2月20日、元・在韓国特命全権大使 武藤正敏氏の執筆した書籍『韓国人に生まれなくてよかった』(悟空出版)の売れ行きが好調で7刷になっている。一般的に元大使の執筆書籍は、自慢話で終わっている残念な本が多い中、これは異例な状況。年6回発刊されている外交専門誌『外交』も苦戦している。

 武藤正敏 元・在韓国特命全権大使は、韓国に精通した論客で解説者として多くの情報系テレビ番組にも出演し、分かりやすい解説に定評がある。韓国のこれまでの歩み、文大統領を知るためにも、読む価値のある良書だ。しかし、韓国文政権にとっては、もっとも読んで欲しくない絶版に持ち込みたい書籍だ。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)