日通、ラオスの大学で寄付講座を実施

日通、ラオスの大学で寄付講座を実施

ラオス国立大学での講義の様子

 2019年2月20日、日本通運は、現地法人、南アジア・オセアニア日本通運株式会社が、昨年11月26日にラオスのチャンパサック大学、また2019年1月26日にラオス国立大学で寄付講座を実施したことを発表した。

 この大学寄付講座は、ASEAN 経済産業協力委員会(AMEICC)事務局と、一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)が主催しているもので、日通は講師を派遣した。 

 講義は、NSAOメコン開発センターの花岡宏センター長が担当し「メコン地域のビジネス戦略」をテーマに、メコン地域の経済成長の予想や物流の現状、また日通が現地で取り組むビジネスの概要や課題などの説明を行い、学生たちは、熱心に耳を傾けていた。

 南アジア・オセアニア日本通運は、昨年7月にラオスの首都ビエンチャン市とサバナケット県に支店を開設し、物流サービスに関わる物流コンサルタント業務を行っている。
【編集:KK】

関連記事(外部サイト)