第2回米朝首脳会談は、合意に至らず「韓国文大統領が一番ショック」国連制裁決議違反・摘発を危惧

第2回米朝首脳会談は、合意に至らず「韓国文大統領が一番ショック」国連制裁決議違反・摘発を危惧

米朝首脳会談(朝鮮中央通信日本語版WEBサイトから)

 2019年2月28日、ベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談では、大方の予想に反し合意に至らず終了し、アメリカ・トランプ大統領は、予定時刻よりも早くハノイを離れた。

 専門家は『初日は、比較的明るい融和な雰囲気でお互いに褒めあう様子が見られましたが、今日昼過ぎから状況が変わり、ワーキングランチも中止になりました。アメリカは段階的に数種類の合意書を用意していたのですが、北朝鮮は、1つの核施設の廃棄で、国連制裁の全ての解除を要求したためだと言われています。首脳会談後にアメリカ・トランプ大統領は記者会見も行ない、金委員長に気を遣う発言をしていました。北朝鮮の実務者協議の担当者が、楽観的過ぎたのではないかと見られます。時間的に余裕のあるアメリカと、経済制裁で大きく疲弊している北朝鮮とは立場が全く違います。韓国文大統領が一番ショックを受けているのではないかと思われます。国連制裁決議違反の摘発が厳しくなることを危惧。韓国は経済も悪化しており、20歳代からの支持離れも激しく、南北融和政策1本では、政権自体が持ちません。韓国文大統領が、金委員長に早期の全面非核化をアドバイスし促進をサポートすようなことは期待できそうにありません。アメリカと北朝鮮の間を取り持つのは、韓国文大統領では役不足(力不足)との意見も多いです。金委員長は、3月1日と2日はベトナム公式親善訪問の予定です。まだ、朝鮮中央通信から首脳会談のニュースが発信されていません。朝鮮中央通信でも事前に数種類の予定原稿は準備されていたと思いますが、合意に至らないことは予想外で、現場はアタフタしていると思われます』と見ている。
【編集:LI】

関連記事(外部サイト)