【韓国大気汚染】「PM2.5」による汚染が最悪! 中国に責任転嫁、過去にはサバ塩焼き原因説も

韓国・ソウルでPM2.5による大気汚染が最悪 韓国政府は中国に責任転嫁し中国当局呆れ

記事まとめ

  • 韓国・ソウルの大気汚染が深刻で、PM2.5(微小粒子状物質)の数値データも最悪の状況に
  • PM2.5のほとんどは中国から飛来と韓国政府主張、過去にサバ塩焼きが原因との説を発表
  • 北京のPM2.5の数値よりも悪いソウルの現状については、中国当局も呆れているという

【韓国大気汚染】「PM2.5」による汚染が最悪! 中国に責任転嫁、過去にはサバ塩焼き原因説も

【韓国大気汚染】「PM2.5」による汚染が最悪! 中国に責任転嫁、過去にはサバ塩焼き原因説も

韓国のイメージ

 2016年3月7日、韓国・ソウルの大気汚染が深刻で、PM2.5(微小粒子状物質)の数値データも最悪の状況に陥っている。

 韓国政府の主張は、PM2.5のほとんどは、中国から飛来してきたというもの。韓国政府は、都合の悪い事は、だれかに責任転嫁する習慣が根強い。北京の数値よりも悪いソウルの現状については、中国当局も呆れている。

 韓国の大気汚染は、これまでも、たびたび報じられてきたが、2016年5月には、韓国環境部が「サバ塩焼きにおける、室内で発生する有害物質の調査データ」を発表していた。

 これは韓国環境部が6カ月かけて実験を行った結果。密閉空間でサバを焼いた時に、1立方メートルに2530マイクログラムの微細粒子が発生。これは、韓国の大気汚染情報で「非常に悪い」とされる基準、1立方メートル、90マイクログラムの28倍に上るとの内容だ。大気汚染問題などの環境破壊を誤魔化すことを目的に、通常の調理では有り得ない密閉空間での数値を発表したからだ。中国の環境担当者も、斬新な誤魔化しスキルに「妙手」と感心していた。

 韓国では、古いディーゼル車が多いのだが、政府がディーゼル車の利用を推奨してきた経緯があり、規制には慎重だ。また、古い石炭火力発電所も稼働中だ。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)