韓国ラストチャンス「経済制裁発動」止められるか・日韓局長協議

韓国ラストチャンス「経済制裁発動」止められるか・日韓局長協議

韓国のイメージ

 2019年3月14日、日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は、韓国・ソウルで、韓国外務省の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と日韓局長協議を行う予定だ。このところ韓国メディアも、日本が経済制裁を韓国に対して実行した場合、悪化する韓国経済への影響について恐れる論評を伝えている。

 専門家は『今日の日韓局長協議は、韓国でもこれまでにない注目を集めています。文大統領が本気で解決を図りたいなら、徴用工問題での最高判決の、事実上の誤りを認めるでしょう。最高裁の判事は、12人中8人が、文大統領が押し込んだ裁判官です。経済制裁で一番困るのは韓国ではなく日本だと強がりを吐露する韓国の政治家もいますが、恐怖からの狼狽発言としか思えません。このところの文政権の日本を軽視する行動の暴走は、慰安婦、レーダー照射、天皇陛下に対する無礼などがあります。駄々っ子外交は、日本に通用しないことを学んでほしいものです。韓国独自の正義を改め、日本との関係修復が出来るのかラストチャンスです』と指摘する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)