タイへの「ウエスタンユニオン送金で凍結」! 億単位の日本人振り込め詐欺15人逮捕の余波か

タイへの「ウエスタンユニオン送金で凍結」! 億単位の日本人振り込め詐欺15人逮捕の余波か

タイのイメージ ワット・ポーの涅槃仏像

 2019年4月3日、億単位の日本人振り込め詐欺15人逮捕の影響か、ウェスタンユニオンで、日本人がタイ人の友人宛への送金したお金が凍結され、タイでお金を引き出せない事象が発生している。

 Bさんは、東京都内・新橋のウェスタンユニオン取扱店から 4月3日10時ごろ 2万バーツ(約72000円)を、タイバンコクに在住するタイ人の友人に送金した。通常は1時間以内に相手が現金を引き出すことができるが、タイ人の友人がバンコク市内のウェスタンユニオン取扱店に15時(日本時間17時)に出向いたところ「日本側の事情でお金が凍結しており現金を渡せない、日本側に連絡してほしい」と言われた。

 タイ人の友人からトラブル連絡を受けたBさんは、カスタマーセンターに連絡。カスタマーセンターからは、Bさんの氏名・出身地・受取人との関係・送金目的・パスポートのコピーを、メールで送信するよう求められ18時30分に送信したところ19時08分に凍結が解除された。

 Bさんは、これまでにも数回、ウェスタンユニオンを利用しているが、送金したお金が凍結されたのは初めて。日本人振り込め詐欺の影響なのかと聞いたところ、カスタマーセンターは、理由はお教えできないと言葉を濁している。
【編集:R1】

関連記事(外部サイト)