フィリピン人もビックリ! 日本初「電子申告ゲートオープン」成田空港第3ターミナルでスタート

フィリピン人もビックリ! 日本初「電子申告ゲートオープン」成田空港第3ターミナルでスタート

2019年4月15日朝、成田空港第3ターミナルで撮影

 2019年4月15日、成田空港第3ターミナルに日本初の「電子申告ゲート」がオープンした。マニラからジェットスター・ジャパンGK40便で到着したフィリピン人旅行者は、最新鋭の申告ゲートにビックリ。しかし当面は日本人だけの利用になる。日本人パスポート所持者は、入国ゲートも顔認証システムになりスピードアップ。第3ターミナルは出国時の指認証システムは導入されていなかったが、LCCの需要拡大も後押しして、「電子申告ゲート」の初設置場所に選ばれた。

 顔認証技術が生かされており、電子申告をしたのち、歩いたままゲートを通過できる。長い行列待ちのイライラが解消されそうだ。課税対象者が非課税の出口に進もうとしても扉が開かない仕組み。現在は日本人だけの利用限定だが、将来的には外国人にも利用範囲を広げる予定。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、2020年春には羽田と関西、中部、新千歳、福岡の各空港でも導入をスタートさせる計画だ。

 スマホの専用アプリを事前にダウンロードして入力しておけば、2回目以降は、パスポート番号や氏名、住所などの基本情報の入力が省けるため、さらに便利になる。

【編集:WY】

関連記事(外部サイト)