マンゴツリー・コンテスト「優勝はレシピ採用」副賞にTGバンコク行き航空券

マンゴツリー・コンテスト「優勝はレシピ採用」副賞にTGバンコク行き航空券

優勝した ふじた かずえ さんの「“ミャン プラトゥー” 鯵サラダのレタス包み」材料さえあれば混ぜるだけで簡単にできるという 『鯵のエスニック風サラダ』

 2019年4月17日、タイ料理を提供する「マンゴツリーカフェ」などを展開する株式会社ミールワークスは、タイ料理のレシピコンテスト「おうちでタイごはんをつくってみよう! Instagramキャンペーン」を東京都内で開催した。優勝者にはタイ国際航空から往復航空券、タイ国政府観光庁から高級陶器が贈られるため、多くの応募があった。その中から選ばれたファイナリスト5名がこの日、日本全国から東京に集まった。

 審査員はミールワークス小島由夫代表と舘山修 総料理長、タイ出身のコモルチンダ ソンプット テクニカルシェフ、タイ国政府観光庁パッタラアノン東京事務所長、タイ国際航空 大畑俊弘 日本地区マーケティング本部長と、タイに精通した面々が並んだ。審査基準は、タイ料理らしさと斬新さ、おいしさを総合的に判断することとされ、来場した一般審査員も投票に参加した。

 ファイナリストがキッチンで最後の盛り付けを行う様子がライブで会場に映し出され、出来立ての料理が運ばれてくると、会場にはタイ料理独特の芳しい香りが充満した。ファイナリストはそれぞれにレシピ開発の秘話や調理法を披露。審査員は目や舌で味わうだけでなく、香りや語りも楽しんだ。

 投票の結果、神奈川県から参加したふじた かずえさんの「“ミャン プラトゥー”鯵サラダのレタス包み」と、福岡県から参加した藤岡さんの「“カオ パット タクライ” レモングラスのチャーハン」がそれぞれ26票を獲得し、同率で一位となった。運営側も想定していなかったこの以外な結果に、司会者も会場もどよめいた。審査委員長であるミールワークス小島代表の判断により、二者による決戦投票が急遽行われることになった。最終的に、ふじたさんが14票を獲得し優勝が決まった。優勝したレシピは、全国のマンゴツリーカフェなどで6月にメニュー化される。

 僅差で10票を獲得した藤岡さんのメニューもその健闘ぶりから、ミールワークスの運営するレストランでメニュー化されることが決まった。

 審査員として参加したミールワークス総料理長とテクニカルシェフはそれぞれに「どの料理もおいしかった」と感想を述べた。
【編集:やまだあい】

関連記事(外部サイト)