【BNK48】タイフェスティバルへ二度目の出演でファン熱狂!

【BNK48】タイフェスティバルへ二度目の出演でファン熱狂!

BNK48(2019年5月11日、東京代々木公園タイフェスティバル屋外ステージ楽屋で撮影)

 2019年5月11日と12日、東京・代々木公園で第20回タイ・フェスティバル2019が開催され、昨年に続いてBNK48が出演。前夜からの徹夜組を含めて大勢がステージ前の席取りのために並ぶ人気ぶりだった。

 今回来日したのは、イズリナ、ジャー、ジップ、ジェーン、マーイ、ミュージックの6人。今やタイを代表するグループとなった彼女たちは、AKBグループ総選挙でも海外組からランクインするなど、日本でもその存在感を示している。取材した1日目、BNK48のステージでは、『会いたかった』『大声ダイヤモンド』『Beginner』『365日の紙飛行機』の合計4曲を歌い、会場は大いに盛り上がっていた。

 特筆すべきなのは、彼女たちが登場したことにより、タイに日本的なアイドルグループが続々と誕生して、アイドルブームが起こっていることだろう。BNKは、その中では断トツのトップなのだが、彼女たち自身はそんな自分たち自身に戸惑っている様子を見せながらも、より多くの人に関心を持ってもらって、みんなで一緒に盛り上げていけたらいいなという。

 また、タイと日本のファンの違いについて聞いてみると、日本人として結成時から参加している伊豆田莉奈さんが代表して次のように答えた。「タイのファンは、日本と比べるととても表現が豊かなんです。握手会なんかでも、オーバーなくらいに喜んでくれるので、私もつられちゃうというか、逆に元気をもらえますね。日本のファンは、そういう大げさな表現はないんですが、一言一言とても暖かい気持ちを感じることが多いです。どっちがいいというより、それぞれに違った表現ですけど、どちらからも励みになってます」

 タイのアイドルとして来日したBNK48だが、彼女たちの存在は日本がこれまで発信し続けて来たクールジャパンと、これまで培って来た日本とタイの友好関係が結実した姿そのものなのかも知れない。
【編集:そむちゃい吉田】

関連記事(外部サイト)