『アメージング・タイランド・ラグジュアリー・ロードショー in 東京 』開催ータイ国政府観光庁

『アメージング・タイランド・ラグジュアリー・ロードショー in 東京 』開催ータイ国政府観光庁

タイ国政府観光庁 マーケティング・コミュニケーション担当 タネース・ペッスワン副総裁(中央)2019年5月17日撮影

 2019年5月17日、タイ国政府観光庁は、東京の八芳園で『アメージング・タイランド・ラグジュアリー・ロードショー in 東京 2019』を開催した。多くの旅行会社のツアー企画担当者が出席した。

 マーケティング・コミュニケーション担当 タネース・ペッスワン副総裁は「タイの旅行業界にとって日本は重要なクオリティーマーケットで、昨年は日本からタイへの観光旅行者は165万人を記録しました。タイの観光地としてのブランド化をより一層進め、特にラグジュアリーと呼ばれるような高品質な観光商品を強化していきたいと考えています。今回のロードショーでは、ホテルやリゾート、ゴルフコース、クッキングスクール、レストランなど18社がタイから来日しました。最新情報を皆様と共有し、商品造成を促進させていくことを目指します」と挨拶した。具体的な最新情報については、藤村 喜章マーケティングマネージャーから、詳細な説明が行われた。

 パッタラアノン・ナチェンマイ東京事務所長は会見で『ラグジュアリーとは、年収6万米ドル(約660万円)以上で、1回の旅行(5泊6日)に5万5千バーツ(約22万円)以上消費できる人を想定しています。クラブツーリズムでは、タイ国際航空のファーストクラスを利用したデラックスなパッケージツアーも好評です。タイ固有の文化や歴史(タイらしさ)を、ゆとりを持って感じていただけます。5つ星ホテルはどこの国にもありますが「タイらしさ」を感じていただけるのはタイだけです』などと話した。

 タイ国政府観光庁では、今年、日本からタイへの観光旅行者180万人を目標に設定し観光PR活動を行っている。
【編集:KM】

関連記事(外部サイト)