孤立する文韓国大統領「トランプ大統領と安倍首相の親密度」に嫉妬

文在寅大統領、日米首脳の親密度に嫉妬か "文氏は国益よりも私欲優先"と韓国識者指摘

記事まとめ

  • 文在寅大統領が、ドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相の親密度に嫉妬しているとか
  • ある韓国人ジャーナリストは、安倍首相が着実に成果を上げていると評価
  • 文大統領は常に疑心暗鬼で孤独、側近もいつ寝返るか分からないという

孤立する文韓国大統領「トランプ大統領と安倍首相の親密度」に嫉妬

孤立する文韓国大統領「トランプ大統領と安倍首相の親密度」に嫉妬

韓国の国旗

 2019年5月28日、文韓国大統領は、トランプ大統領と安倍首相の親密度に嫉妬しているようだ。韓国人ジャーナリストは「安倍首相の偉大な所は、国益を最優先しトランプ氏が大統領に就任する前に会いに行っている点です。日米関係が重要であることを熟知しています。またフィリピンのドゥテルテ大統領のダバオの自宅にも招かれていますし、韓国の文大統領のような横柄さはみじんもないのです。成熟した民主主義の中で着実に成果を上げている。日本はテロも少ないので警護のSPも自動小銃を携行していないです。文韓国大統領は、常に疑心暗鬼で孤独です。裏切りと憾みが蔓延しており、側近もいつ寝返るか分からない。毎日踏み絵で確認しなくてはならない。常に相手に喧嘩を売って外交を混乱させどんな国益があるのでしょう。ラオスやミャンマーのように、国益よりも私欲を優先する国と同じなんです」と話す。

 専門家は「あたり前ですが、米韓首脳会談は120秒でしたが、日韓首脳会談は2時間です。北朝鮮に様々な便宜を図り、国連制裁に違反して、アメリカから注意を受けてとぼける文大統領は誰からも信頼されません。日本訪問の後に韓国に立ち寄ってほしいと文大統領は懇願しているようですが、実現しても短時間で終わってしまうでしょう。記念写真を撮影することだけが目的では駄目なんです。文大統領は自分の事だけで精一杯で、国際政治の中で仲介するような手腕は有りません。いわゆる徴用工問題や、日本の自衛隊機へのレーダー照射問題など、無策ですし首謀者かもしれません。徴用工問題解決の宿題が提出できないのなら、G20大阪サミットに来る必要ないと思ってしまいます。韓国大統領府が一つだけ日本より優れているのは、写真です。高画質で良いショットの写真を厳選して掲載しています。記念写真にかける情熱には脱帽です」と見ている。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)