韓国 文在寅大統領「三文役者でも、芸風変えず」滅亡への道をまっしぐら!

韓国 文在寅大統領「三文役者でも、芸風変えず」滅亡への道をまっしぐら!

韓国のイメージ

 2019年6月2日、独裁的な文在寅韓国大統領「三文役者でも、芸風変えず」滅亡への道をまっしぐらで進んでいるようだ。

 専門家は「今月大阪で開かれるG20サミットで、各国首相が安倍総理との首脳会談を行いますが、文在寅氏だけは除外される予定です。一言でいえば日本に対する横暴な対応にサジを投げられたようなものです。大統領制はフィリピンのように国益を考え、国民を幸福にしようとの考えの人が就任すれば、力強いリーダーシップで良い方向に舵を取れるのですが、文在寅氏のようなバランス感覚の悪い人が大統領になると、取り巻きも忖度で文在寅氏の乱調に沿った行動をしますから、今日のような日韓関係になってしまいます。ただ鈍感な人と先を読めない人が多いので国会議長や外相のような狂った物言いをします。先日の非公式の日韓防衛相会談では、韓国防衛相の笑顔もありました。自衛隊機へのレーダー照射事件については、韓国の犯行であることは分かっているものの言論の自由の無い韓国では、文在寅氏の意向に逆らえば解任されてしまうため解決が出来ないのです。北朝鮮の報道官と言われるほど、文在寅氏の北朝鮮熱は異常です。韓国国内からも異論を唱える人はどんどん増えています。 弾劾請願も出され、認知症進行説の噂も再燃しています。大統領の座を手放すと投獄される恐れが高いため、その座にしがみつく執念は必死です」と説明する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)