タイ国際航空 スカイトラックス社「2019ワールド・エアライン・アワード」2部門で受賞

タイ国際航空 スカイトラックス社「2019ワールド・エアライン・アワード」2部門で受賞

パリのル・ブルジェ航空宇宙博物館で開催された受賞式にて記念の盾を受け取るタイ国際航空マネジメント。スメート・ダムロンチャイタム社長 (Mr. Sumeth Damrongchaitham)左から2人目。

 2019年6月19日、タイ国際航空(TG)は、英国の航空業界専門の調査会社・スカイトラックス社が行った
「2019ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」で、「The World's Best Airline Lounge Spa Facility」と「The Best Airline Staff in Asia」の2部門で受賞したことを発表した。

 「The World’s Best Airline Lounge Spa Facility」は、5年連続受賞となった。受賞の対象は、バンコク・スワンナプーム国際空港、コンコースDに位置するロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスの利用者専用ラウンジ。ロイヤルファーストクラスの利用者には、首や肩、足マッサージに加え、全身のスパトリートメントを提供している。

 また、ロイヤルシルククラスの利用者は、首・肩マッサージまたはフットマッサージの施術を受けることができる。

 出発までのひとときや、バンコク経由で他国に向かう際、本格的なスパトリートメントで、旅の疲れを癒すことのできるラウンジサービスとして好評を得ている。

 また、空港スタッフと客室乗務員のサービス全般が評価され、アジア域内に拠点を持つ航空会社として「 The Best Airline Staff in Asia」を受賞した。

 タイ国際航空は、優れた航空会社を総合的に評価する「The World's Best Airlines 2019」、および「The World's Best Airline Cabin Crew」で、上位10社の中に選出されています(各10位と4位)。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)