文大統領「歴史的にも稀な日韓関係悪化」肝が据わりすぎとの批判も

文大統領「歴史的にも稀な日韓関係悪化」肝が据わりすぎとの批判も

ソウルの空港

 2019年6月27日、文韓国大統領は、強い信念でこれほど日韓関係が悪化しても、ほとんど気にかけず、肝が据わりすぎだとの批判も増えている。

 専門家は「大阪でのG20を前に、なんらアクションを起こさなかった韓国。前代未聞です。文政権の元では、日韓関係の修復は不可能です。早期退陣を願うしかありません。G20終了後、トランプ大統領が文大統領の請願に応じ訪韓しますが、形式的なセレモニーになるだけで、中身は気薄です。文大統領の国内的なパフォーマンスだけとの見方もあります。韓国大統領府の凄いところは、シナリオライター的なスタッフがいて、韓国は凄いと言う誤ったイメージを国民に抱かせるよう創作に長けている点です。なかなか他国は追随できないファンタジーです」と話している。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)