慌ててドタバタ日本を舐めてた「韓国・文政権」半導体輸出規制でやっと日本の怒りを実感

慌ててドタバタ日本を舐めてた「韓国・文政権」半導体輸出規制でやっと日本の怒りを実感

韓国のイメージ

 2019年7月1日、何度も何度も警告を伝えていた日本がついに、半導体輸出規制に乗り出した。日本は口だけで、韓国に対して厳しい措置は取れないだろうと、日本の行動力を軽視してきた文政権もやっと日本の怒りを実感したようだ。

 専門家は「半導体材料輸出管理強化措置の撤回を求めて、韓国はアタフタしています。世界貿易機関(WTO)に提訴すると吠えていますが、やれるものなら、勝手にやればよいのです。元々実体の無い三権分立の民主主義の常識がどうのこうのと。かなりの狼狽ぶり。事の発端が文政権のスタンスであることを忘れているようです。いわゆる徴用工問題は韓国の国内問題で、日本との関係は既に清算済みの話です。日本は規制を強化しただけで、輸出を禁止したわけではありませんから、韓国から文句を言われる話では全くありません。ただ、韓国の半導体業界は日本からの輸出が結果的にストップした場合、業界は崩壊してしまうでしょう。さぁ、これから文政権はどうするのでしょう。潔く日本に対してこれまでの非礼を詫び、徴用工問題は韓国内で処理します。日本にご面倒はおかけしませんと誓えるでしょうか。それとも政権は消滅でしょうか。いずれにしても時間は限られています」と説明する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)