慌ててドタバタ日本を舐めてた「韓国・文政権」半導体素材輸出の厳格化で、足元はグラグラ

慌ててドタバタ日本を舐めてた「韓国・文政権」半導体素材輸出の厳格化で、足元はグラグラ

韓国のイメージ

 2019年7月4日、繰り返し警告を伝えていた日本がついに、事実上の半導体素材輸出規制に乗り出した。優遇措置を止め、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目の厳格な輸出審査を行うだけの事。これまで韓国に対してはホワイト国として便宜をはかってきたが、それを止めて審査に90日にかけることにした。日本の運用次第では、半導体の製造ラインや、有機ELの製造ラインも停止することになる。韓国産業界には激震が走り、日本との関係を悪化させた文政権への批判は強まっている。

 専門家は「いわゆる徴用工問題ですが、この問題自体の多くの部分は韓国側のでっち上げである可能性も高いのです。韓国から日本への工場労働者に、日本人と同様な待遇で差別的な扱いは無かったことがソウルの一部の学者の調査で明らかになっています。韓国政府は被害者意識が強く、なんでも日本が悪いという論調です。もちろん日本人の中にも悪党はいるので、日本人にひどい目に遭った韓国人が一人もいなかったとは言えませんが、多くの韓国人に対して日本が酷い事をしたと言う誤ったムードはフェイクです。ベトナムで韓国兵が、ベトナム人女性を強姦し、誕生した子どもたちを救済をせず無視しているのは明らかです。韓国は自分たちは常に正しいと言う根拠の無いファンタジーで歴史をごまかす名人です。これまで、韓国は日本に対しわがままを言いすぎました。レーダー照射事件、天皇陛下への難癖、慰安婦問題。今回日本が初めて韓国にお灸をすえる。日本政府から韓国政府への教育的な指導の一環です。韓国がここまで経済成長が出来たのは、全て日本のおかげです。昨日韓国政府は、半導体素材の開発に、毎年1兆ウォン(およそ920億円)を集中的に投資すると発表していますが、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目の製造を開始するまでにどれだけの年月が必要でしょうか。ありもしない三権分立、大法院(最高裁)の判決は文政権が強く誘導した結果であり、日本との関係を著しく悪化させた要因です。1965年の日韓基本条約で解決済みであることをきちんと理解しない限り韓国の未来はありません」と説明する。
【編集:LM】

関連記事(外部サイト)