「日本製品不買運動」を伝える、韓国テレビ局のカメラは日本メーカー製

「日本製品不買運動」を伝える、韓国テレビ局のカメラは日本メーカー製

ソニー放送局用カメラ(資料写真)

 2019年7月6日、日本製品を買わないようにとの活動を伝える、韓国の放送局や新聞社などで使用されているカメラはほぼ全てが日本製だ。

 テレビ局のスタジオカメラは、ソニーとパナソニック、そして池上通信機の製品がほとんど。新聞社のカメラマンが使用するのは、キャノンやニコン製が多い。世界の放送局で使用されている90パーセント以上のカメラは日本メーカー製になるので至って普通の状況だ。

 専門家は『古典的な不買運動推進は芸が無さすぎますね。それを伝える放送メディアが使用しているのは日本メーカーのカメラでは、本末転倒ですね。そもそも、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目について4日から事実上の輸出規制を強化し、輸出許可を厳格化しましたが、これは徴用工問題で韓国政府が無責任な対応をしている事への警告です。韓国が北朝鮮に対して国連決議を守らずおかしな行動をしているため、日本の安全を担保するために、軍事転用の恐れがある日本で生産している3品目の素材に関して、90日の時間をかけて厳格に審査をするという筋の通った真面な話です。韓国は民衆を煽る手法が得意です。まず、大統領府は、韓国の放送局に日本メーカー製の放送機材の使用自粛を要請してみたらどうでしょう』と説明する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)