韓国から撤退する企業が増えたら、一番困るのは韓国人

韓国から撤退する企業が増えたら、一番困るのは韓国人

ソウルの空港

 2019年7月25日、狂乱する韓国。狂乱を強く指揮するのは、悲しいかな韓国大統領府。詭弁で誤魔化しが通じなくなるとお得意のストーリーを作成し、民衆をミスリードする。

 専門家は『諦めが悪いと言うか、信念が強いと言うか、国のリーダー選びは、慎重にしなくてはならないと実感します。

 しかし、韓国はあらゆるチャンネルでフェィクが蔓延しています。一般の多くの大衆は、踊らされてしまいます。ユーチューバーで活躍されている韓国人のWWUKさんのように、国際的なバランス感覚に秀でた人も居るのですが、かなり稀な存在です。ある調査では70%ぐらいはマインドコントロールされているようです。

 反日、抗日的な誤った歴史認識の教育が元凶です。ミスリードさせるメディアも、現政権に忖度しなければ、幹部が逮捕されるとの噂もあり、締め付けが強いようです。

 ユニクロ製品の配達を拒絶する宅配会社が登場しましたが、例えば、ユニクロが韓国から撤退すれば一番困るのは、韓国のユニクロで働いている人たちです。そんな簡単な理屈も分からないほど悲しい状況です』と説明する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)