反日狂乱加速「日本車への給油拒否」報じるカメラは日本製の矛盾

反日狂乱加速「日本車への給油拒否」報じるカメラは日本製の矛盾

ソウルの空港

 2019年7月26日、日本が輸出管理を正常化するため、韓国への特別優遇を止め、ホワイト国から除外し普通の貿易手続きを求めることに対しての韓国の反応は異常だ。

 専門家は『日本に決定権のある制度上の事でも、難癖を付けて騒ぎすぎです。日本製品の不買運動は盛り上がっています。

 大統領府への忖度から、ガソリンスタンドで日本車への給油や、車の整備を拒絶するそうです。多くの日本車を購入した韓国人が困ることになります。狂乱が止まりません。皮肉なことは、それを伝えるテレビメディアの放送用カメラは、ほぼ全て日本製です。

 韓国はストレスの強い社会で、日ごろのうっ憤を、反日に便乗して騒ぎたいだけかもしれません。

 韓国LCCの収益は日本路線の比重が高かったのですが、運航停止も目立っています。航空機をフル活用して成立するビジネスモデルの為、かなり厳しい局面が予想されます。韓国の航空会社は信頼性が低いため、運賃を安めに設定しないと国外からの集客は難しいのです。

 文大統領は、経済の失敗を日本に責任転嫁しようと、一大キャンペーンをしているようなもので、反日・抗日で支持率をアップさせる作戦に出たようです。WTOでの訴えも韓国国内向けに日本が悪いと、無知な韓国国民に印象を付けるためのパフォーマンスです。金融面では日本の銀行からの借り入れも大きいため、恩のある日本に不義理な対応ばかりしていると天罰が下りそうです』と解説する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)