異様な韓国、大衆を洗脳し「3000人のロウソク集会」を先導する文政権

異様な韓国、大衆を洗脳し「3000人のロウソク集会」を先導する文政権

韓国の国旗

 2019年8月4日、韓国メディアによると3日夜ソウルの日本大使館前で、日本へ抗議するための約3000人が参加するロウソク集会が開かれた。

 韓国ウォンの対ドルレートは、当面のボーダーラインと言われていた、1ドル1200ウォンを割り込みウォン安は加速。金融恐慌に向かっている。

 専門家は『異常です。2日の閣議で決定したのは、輸出管理上の最優遇国(ホワイト国)から韓国を除外するだけで、グループAからグループBに移行しただけなんです。ロウソク集会の実態は、被害妄想と反日の洗脳で一般大衆を動員した管制集会です。

 今回の日本に対する抗議行動が過激なのは、文政権の政策がことごとく失敗し、経済危機に陥るのは日本が攻撃しているからだと、「嘘」の浸透を図るのも目的のようです。

 ユニクロは本社は日本ですが、製造国は日本以外の国がほとんどです。韓国のダイソーで売られている商品も70%以上は韓国製。かなり雑です。

 オリンパスの内視鏡は、韓国のほとんどの病院で利用されています。そのためオリンパスは、不買運動リスクから除外しています。新聞社や放送局のカメラもほとんどが日本メーカーの製品です。

 騒げば、日本政府が韓国の圧力にひれ伏すと考えているとすれば、全くの勘違いです。韓国の国内のゴタゴタを世界中にアピールして、来週、ウォン安が加速する可能性があります。3度目の金融破たんは避けられないかもしれません』と説明する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)