『タイランド・ツーリズム・ネットワーキング』東京・八芳園で開催ータイ国政府観光庁

『タイランド・ツーリズム・ネットワーキング』東京・八芳園で開催ータイ国政府観光庁

パッタラアノン・ナチェンマイ東京事務所長 東京・八芳園で2019年8月2日撮影

 2019年8月2日、タイ国政府観光庁(TAT)は『タイランド・ツーリズム・ネットワーキング』を東京・八芳園で開催した。4年間の任期を終え、8月中旬本国に帰国するパッタラアノン・ナチェンマイ東京事務所長は、在任中の日本マーケットの動向について次のように話した。

 『2018年、外国人訪問者数は、前年比7.54%増の3,800万人を記録し、収益は2017年と比較して推定62億ドル、9.63%増となりました。 トップ5のマーケットは上から1000万人以上、来タイした中国人。次いで、マレーシア、韓国、ラオスそして日本の順です。

 2019年、タイ国政府観光庁はすべての国際市場からの観光収入を、前年比12%アップと成長目標を設定しました。そしてタイを「好まれる目的地Preferred Destination」に向けて継続的に推移しています。 量と質、そしてマーケティングと運営のバランスを取りながら、ユニークな地域の体験を通して旅行者に質の高い商品とサービスを提供することです。

 コミュニケーションの面では、世界中のどことも違うタイのユニークな地域体験に浸れるよう、旅行者を誘うために「アメージングタイランド・新しい色合いへの誘い」というコンセプトを紹介しています。 旅行者に時間とともに変化している、しかしタイそのままであるタイの文化を体験していただきたいと思います。

 2020年、タイ国政府観光庁は創立60周年を迎えます。私たちは旅行と観光を王国の最も経済的に有望かつ環境にやさしく文化的に活気のある分野にするという確約、そして再確認しました。2020年の目標は、今年の予想を上回る総観光収入を10%増やすことです。 また、収益を生み出す質の高い観光客に重点を置いて、タイの観光産業をマスツーリズムから「責任ある観光」へと移行させるための明確な方向性を設定しました。

 2018年の日本市場に焦点を当てると、渡航者は前年比7%増の160万人を記録し、また、収入では前年比9.7%増に相当する推定23億ドルでした。日本人観光客は1日平均の滞在費用は180ドル 、平均滞在日数は7.8ニチ。 リピーター率は79%、ファーストビジター21% 旅行の手配に関してはFIT 85%、グループツアー15%、男女比は男性が66%、女性は34%です。 日本人観光客の間で人気のタイの目的地はバンコク、チョンブリー、プーケット、チェンマイとアユタヤです。

 2019年、日本市場は推定25億ドルの収入を見込み、渡航者数の目標設定は180万人です。今年1月から6月まで、タイを訪れた日本人の訪問者数は86万4千人で、これはすでに前年比10%増加しています。

 これらの目標を達成するために、5つの主な方向性に焦点を当てています。これを5つのGoと呼で
います。Go High 、Go for New Custer, Go Local, Go Low Season そして Go Digitalです。

 Go Highとは、ミドル層、富裕層の訪問者に、贅沢な経験、ウェルネスとスパ、高級レストラン、あるいはお金では買えない新しい経験を紹介することで働きかけていきます。

 新規顧客を探すということは、タイに初めて訪れる人を、もっと見つけたいということです。 これは日本の地方にその可能性のある都市があるかもしれません。例えば、群馬、山梨などです。また、セグメント別では女性、スポーツ愛好家、結婚式、家族旅行などです。

 Go Local(地方へ行こう! )これはリピーターのためのものです。タイの小さな街、地方都市を紹介している「タイ12の秘宝」などの新しい目的地や、「タイ料理の作り方を学ぶ」などの新しいアクティビティの紹介です。 これらの地元体験との出会いは、タイにいる間、より多くの時間とお金を費やすことにつながります。

 Go Low Season、タイがローシーズンの時、日本はオフシーズにあたります。この時期に旅行できるいくつかのセグメントを刺激します。 例えばいつでも、旅行をすることができる“活発な高齢者”です。さらに若い世代にも焦点を当てています。 今年の11月には、日本旅行業協会と共同でJATAユースプロジェクトを企画し、20人の学生にタイを体験してもらいます。

 Go Digitalは、あらゆる形態の新しいメディアを介して、また、あらゆるデバイスにわたって観光を促進するための積極的なオンラインそして、デジタルマーケティング戦略を開発することです。 ソーシャルメディアネットワークは、観光分野でますます重要な役割を果たしています。そのため、ウェブサイトやSNSにより力を入れていきます。

 来年2020年にむけて、成長を維持するためにさらに努力します。 また、タイ国政府観光庁は来年、創立60周年を祝うためにタイへの日本人渡航者を200万人になるよう想定しています。目標を達成するために、私たちの戦略的パートナーであるここにいらっしゃる皆様方からのご協力に感謝申しげます。

 タイ国政府観光庁が東京に事務所を設立したのは1971年です。東京はニューヨーク、ロサンゼルスに次いで3番目の海外事務所です。 私たちは、皆さんからの協力がなければ、タイ観光産業はこれまでのようになっていなかったと常に認識しています。』

 新しい東京事務所長には、前ウドンターニー事務所長のセークサン・スィープライワン氏が就任した。同氏は2012年から4年間、大阪事務所の副所長を務めていた。パッタラアノン・ナチェンマイ氏は、バンコク本庁の「研究開発部」に異動する。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)