ミャンマー代表監督、完封負けでも「日本に学ぶことができ満足」 ファンは2失点を評価

ミャンマー代表監督、完封負けでも「日本に学ぶことができ満足」 ファンは2失点を評価

今日はいい試合だったと感想を述べたラドゥロビッチ監督(ヤンゴン、撮影:リンニャントゥン)

 2019年9月10日、ミャンマーの最大都市のヤンゴンのトゥワンナ・スタジアムで2020年のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼2023アジアカップ予選)のミャンマー代表対日本代表戦で、日本はミャンマーを2対0で下した。試合後の記者会見でミャンマー代表のミオドラグ・ラドゥロビッチ監督は「日本チームがプロの戦略と能力を持っていた」と日本を称えたうえで、「大きな学びがあったので満足できる結果だ」と話した。

 記者会見では、ラドゥロビッチ監督は敗戦の理由について「日本の選手は本当にプロだったが、ミャンマーチームはまだアマチュアだ」と指摘した。監督が例に挙げたのは雨対策についてだった。「日本選手は全員が雨用のソックスを履いていたが、ミャンマー選手はわずか4人だけが用意していた」として、日本代表はアウェイにもかかわらず、ミャンマーの天候を事前に分析して準備を進めていたことを指摘。ミャンマーもそうした細かい点にも気を配れることになることが必要だと熱弁をふるった。

 ミャンマーの直近のFIFAランキングは135位と、日本の27位と比べ大きな差がある。ミャンマー人ファンからも「2点の失点で済んだのは予想外の健闘」という評価が多かった。ラドゥロビッチ監督はこうした現状を踏まえ「スズキカップに向け実りのある試合だった」と総括した。
【取材・執筆:リンニャントゥン】

関連記事(外部サイト)