嫌われる韓国「恥」に鈍感、他者を想いやる民度の向上が大切

嫌われる韓国「恥」に鈍感、他者を想いやる民度の向上が大切

韓国のイメージ

 2019年10月5日、嘘の歴史を学校で教え、国民を洗脳。昨年、自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件でも、北朝鮮への物資の横流しがバレては大問題だと、話をすり替えて、防衛省の動画を無断使用して、デタラメな反論動画をYouTubeで公開。世界中の軍事関係者を呆れさせてしまい、その後はダンマリ作戦で応戦する韓国。

 専門家は「悲しいかな韓国は『恥』に鈍感です。もともと日本が韓国を併合するまでは、ほとんどの人が極貧だったんです。本音レベルでは日本に併合してもらえたから命が守られたことを当時の人たちは感謝していたんです。しかし、一部の見栄っ張りな悪人が韓国のリーダーになり、自国の歴史を塗り替えました。それから年月が経って文大統領(怪物政権)が出来上がりました。

 韓国はあらゆる面で日本より劣っています。それを隠すため横柄に振舞うのです。全てがハリボテです。

 日本が作った学校制度で学ぶ機会を得た韓国人の中には優秀な人も若干いて、成功を収めています。そうした人は韓国を捨てて他国で活躍するケースが多いです。

 直近の例では、日本の放射能汚染を指摘したものの、韓国国内はもっと深刻な放射能汚染で、飲料用の地下水が基準値の157倍の汚染地域があることが公表されました。これは、法相への国民の関心をそらす意図もある様なんです。

 日本旅行を止めるよう促し、韓国のLCCは、倒産直前まで経営が悪化しています。韓国ウォンも下落傾向は変わらず、世界的な金融恐慌が勃発したら、経済は破滅します。韓国は他者を想いやる精神が低く、強いものには平伏し、弱いものには横柄に威張る文化が根底にあるようです。多くの国から嫌われる韓国、国民の民度の向上が求められるのです」と話す。
【編集:BY】

関連記事(外部サイト)