【もっと楽しいフィリピン】セブに行くなら、やっぱり「フィリピン航空」が一番!

【もっと楽しいフィリピン】セブに行くなら、やっぱり「フィリピン航空」が一番!

成田発セブ行きPR435便(2019年10月16日撮影)

 2019年10月16日、親日国フィリピンは、日本人のロングスティ先としても人気が急上昇。フィリピンへの直行便は、マニラやクラークもあるが、ロングスティ先で一番人気なのは、やっぱりセブ。

 以前は、バニラエアも短期間就航していたセブだが、現在は、フィリピン航空とセブパシフック航空の2社が運航している。一見、料金が安そうなLCCとフルサービスキャリアのフィリピン航空。

 荷物が7kg以内で、体力・気力がみなぎる人なら、キャンペーン料金でセブパシフック航空のチケットを購入するのが安い。経由便なら韓国経由のLCCも時々破格値が登場するが、行きも帰りもセブ発着が深夜になる。真夜中の出発は高齢者にはかなりハードだ。

 フィリピン航空のPR435便は成田朝出発で、セブにはお昼過ぎに到着。セブからボートを使ってその日のうちにボホールなど周辺の島に移動することもOK。

 また、預け入れ荷物も23kgまでが2個、機内持ち込みは7kgまでが、運賃に含まれている。読書灯を付けずに新聞を読んでいると、気が付いたCAが灯を付けてくれた。機内エンターメントはモニターの無い機材のため、自ら持ち込むスマートフォンなどに専用ソフトをダウンロードする方法になるが、日本語の字幕付きの最新映画も豊富にある。

 出発日によっては、LCCよりも安い運賃で購入できることも稀にあるフィリピン航空。東京からセブに行くなら同航空のフライトがお勧めだ。歴史の長い航空会社で、日本航空は設立当時、フィリピン航空から航空機を借りていた。

 最近日本でも台風の影響で、空の便も大混乱することがある。そんなときもLCCよりもフルサービスキャリアの方が、親切・丁寧に対応してもらえそうだ。
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)