アイドルファンクラブ『のどかな韓国大統領府』サイト

アイドルファンクラブ『のどかな韓国大統領府』サイト

韓国の国旗

 2019年11月18日、韓国青瓦台(大統領府)は、公式アプリ「青瓦台」の本格運用を開始した。

 アプリで見られる内容としては、文在寅大統領の近況。韓国の新聞には、昨日の大統領の日録みたいなものはないのだろうか。それとも、今やっていることを逐一中継して発信するのだろうか。それについては、明確になっていない。ただ、大統領の未公開の映像や写真も見ることは可能で、その体制はアイドルファンクラブのサイトのようなものだろう。

 その他に青瓦台からのお知らせや政府の政策など、今国民が求めている情報を容易かつ迅速に伝え、より親密なコミュニケーションを主目的としている。

 アプリ内には、青瓦台と入れれば容易にアクセスできるメニューも用意されている。しかし、これは、政権内にあって、マスコミ内で疑問視される問題、例えば、グ氏問題の時のような情報にはつながらない。

 「青瓦台国民請願」というメニューでは、順位別・分野別に国民請願が閲覧できる。さらに、興味のある請願をSNSで簡単に共有できる。しかし、これも、政府にまずい情報に関しては、言論統制されることは言うまでもない。

 国と国民は近い関係であるということを示すために作られたであろうアプリは、これ以上のことを議論したり詮索したら、危険人物に指定するという意味合いも存在する。

 雇用や住宅、教育や福祉に関する政策に関したメニューもある。これは、政策であって、住んでいる場所によって実態は違うので、あくまでもイメージ作戦は否めない。

 世界中を巻き込むいろんな問題の渦中にある韓国。なぜ今、公式アプリを公開せねばならないのか。状況を飲み込めない、実にのどかな国だ。
【編集:TS】

関連記事(外部サイト)