フィリピンフェスティバル「東京・代々木公園」で開幕

フィリピンフェスティバル「東京・代々木公園」で開幕

右から、福田 康夫 元総理、ホセ・ラウレル5世 駐日フィリピン大使。 フィリピンフェスティバル「東京・代々木公園」(2019年11月30日・午前撮影)

 2019年11月30日、東京・代々木公園で「フィリピンフェスティバル 2019」(Philippine Festival Committee主催・フィリピン大使館、フィリピン観光省 後援)が開幕した。

 オープニングセレモニーでホセ・ラウレル5世 駐日フィリピン大使は「フィリピン人にとってクリスマスは、特別なメモリーです。日本で暮らすフィリピン人にとっても大切なことです。フィリピンへの日本の経済協力は、フィリピンの近代化にとって、とても重要で、両国の関係はますます深化しています。このフェスティバルを日本の皆さんにも楽しんでほしいと祈願しています」と挨拶した。ブースのコンテストも開催する。

 「アドボ」、「レチョン・カワリ」、「ポーク・シシッグ」、「ルンピアン・シャンハイ」など本場のフィリピンの名物料理が楽しめるブースが出展。

 フィリピンビール「サンミゲル」や、ミニストップで認知度がアップした「ハロハロ」、芋とココナッツのケーキなども人気。ステージでは、フィリピンの歌や踊りを見ることも。

 フィリピン観光省のブースでは、フィリピンのクリスマス料理やドリンクを堪能することが出来る。カフェ形式になっているコーナーでは、英語を練習することも可能。ゴルフパディングのアクティビティやデジタルフォトブースもあり盛り沢山だ。

 15時30分からのクリスマスツリーの点灯式・進行は、MXテレビ「5時に夢中!」でも存在感が高いGOW (ガウ)さんが担当。高さ8メートルのクリスマスツリーは、「カピス(貝殻)」から作られたフィリピンのクリスマスランタン「パロル」で、煌びやかな装飾が施されている。

 フィリピンは、日本からの旅行先としても人気が高く、ドゥテルテ大統領就任以降、飛躍的に安全度も向上しており、日本からの直行便があるセブ島は、家族連れ、女子旅にも最適だ。

 フィリピンフェスティバル 2019
日程:2019年11月30日(土)〜12月1日(日)
時間:9:00〜17:00
場所:代々木公園
【編集:RL】

関連記事(外部サイト)