新型コロナウイルス治療に、インフル・エイズ薬が有効ータイ保健省

新型コロナウイルス治療に、インフル・エイズ薬が有効ータイ保健省

赤外線サーモグラフィ検査のイメージ スワンナプーム国際空港(資料写真)

 2020年2月2日、タイメディアによるとタイ保健省は、新型コロナウイルスの感染で、重度の肺炎で苦しむ71歳の中国人高齢者(女性)に、インフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス(HIV)薬の両方を服用させた。

 その結果、肺炎の症状が緩和し、高熱が下がり、コロナウィルスが消滅したと発表した。使用したのは、エイズ薬のカレトラ(ロピナビル・リトナビル)。インフルエンザ薬のタミフル。

 以前から、インフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス(HIV)薬が、新型コロナウイルスに有効との見方が出ていたが、治療結果の発表は、タイが初めて。

 タイは、公衆衛生への対応が迅速で危機管理意識が高い。
【編集:RO】

関連記事(外部サイト)