香港空港ガラガラ「新型コロナウィルスで利用者激減」ガチョウのローストで有名な『?記』は客1人

香港空港ガラガラ「新型コロナウィルスで利用者激減」ガチョウのローストで有名な『?記』は客1人

香港のガチョウ・ローストで有名な「?記(ヨンキー)空港店」客待ちの列が出来るほど人気の高いレストラン客は1人だけ(2020年2月18日現地時刻・午後5時ごろ)

 2020年2月18日、猛威を振るい感染者、死亡者が毎日増えている中国・武漢市で発生した「新型コロナウィルス」。

 日本から香港へのフライトも減便が続いている。香港空港の利用者も大きく減り閑散としている。香港のガチョウ・ローストで有名な「?記(ヨンキー)空港店」。これまでは、客待ちの列が出来るほど人気の高いレストランだが、少し早めの夕方の時間帯の客は日本人ビジネスマン1人だけ。

 バンコクに向かう日本人客は「注文から10分で名物料理のガチョウ・ローストがテーブルに届きました。そのまま食べても照り焼きのタレが柔らかいお肉に絡んでとっても美味しいです。また、小皿の甘酸っぱいソースにつければ、味の変化も楽しめて2度美味しかったです」と満足気。

 空港内は、トランジットの欧米人や卒業旅行の日本人客の比率が高く、中国語を話す客は少なかった。
【編集:BY】

関連記事(外部サイト)