【もっと楽しいフィリピン】カモテス諸島パシハン島は、 遊泳スペースがある洞窟、ティムボケイブがお勧め

【もっと楽しいフィリピン】カモテス諸島パシハン島は、 遊泳スペースがある洞窟、ティムボケイブがお勧め

日本からセブへの英語留学生の2人、 カモテス諸島パシハン島(2020年2月29日撮影)

 2020年2月29日、セブ島やマクタン島から、ボートで約2時間。田舎リゾートとして注目を集める、カモテス諸島パシハン島。

 静かなリゾート地として、セブに語学留学中の人や、ローカルの家族連れも多く、セブ在住日本人を多く見かけた。

 マクタン島のボートステーションからは、小型船が就航しており、エアコンの効く客室は、船底で景色が見えない為、オープンエアー席を選択。潮風は旅情を掻き立てる。ワクワクするミニ旅行の始まりだ。(船賃は片道500peso 約1,100円)

 大きな揺れも少なく、快適な航海。コンスエロ港に到着した。レンタルバイク(オートマチックのスクーター2人乗り・1日500ペソ 約1,100円)を借りて、ヤシの木とバナナの木の合間をぬってバイクでのんびりドライブ。交通量がとても少ないので安心して運転できる。

 遊泳スペースがある洞窟、ティムボケイブや、レイク・パークで休日をノンビリ過ごせる。綺麗なビーチも点在している。パシハン島には、1泊2名 一室3,000〜4,000円の宿泊施設もあるが、土曜日は満室になるホテルもある。

 世界中で感染が広がっている新型コロナウイルス(COVID-19)は、未知のウイルスで全貌が解明されるのには、時間がかかる。これまでのウイルスに比べ感染力は強いが、気温も湿度も高い地域では、十分な対策を実行すれば感染リスクは低いと言う専門家も多い。この時期、温暖な南国フィリピン・カモテス諸島パシハン島で、思いっきりリフレッシュすることはお勧めだ。
【編集:UH】

関連記事(外部サイト)