まだ任期半ばなのに、テキトーなことばかりしてるからこうなった無責任な文在寅大統領

まだ任期半ばなのに、テキトーなことばかりしてるからこうなった無責任な文在寅大統領

韓国のイメージ

 2020年3月2日までに、文在寅大統領の弾劾を求める韓国国会の国民請願に10万人が同意した。弾劾審査用件を満たしたと言うことだ。

 国会事務所の関係者は「請願が成立要件を備えて、間もなく所管の常任委員会に回される」として「どの常任委員会に請願が回されるか近日中に決定するだろう」とした。

 10万人もの署名が、今年になって急速に集まりだしたのは、新型コロナウィルスに起因している。文大統領の対処、場当たり的な発言が、何で感染するかいまだわかっていないことに怯えている国民感情を逆なでしている。

 いくら地続きでどうやっても入国できるとしても、韓国国民のことを考えたら、中国全域を対象に入国禁止措置を行うべきだった、など国民の声が集結したとも言える。

 韓国国会の国民同意請願は、請願開始から30日以内に同意者が10万人を超えることを第一条件にしている。それによって国会は義務的に審査せねばならないとする制度である。法的根拠のない「青瓦台国民請願」とは異なり、国会法に則って法的根拠がある。審査用件を満たした案件に関しては、国会議員が発議したほかの議案と同一に常任委員会に回される。

 今回の文在寅弾劾請願は、「操作・法務・司法制度」に該当する。法制司法委員会で議論されると推測できる。

 委員会の審査を経た後は、本会議に付議されるか破棄される。ただ与党が請願審査を拒否したら宙ぶらりんのままにあることもある。

 おそらく、弾劾は早急にはされないだろう。しかし、これだけ国民を怒らせてることは自壊せねばならない。そして、任期が終わった後は、歴代の大統領と同じく、監獄と言う冷たい部屋が待っている。
【編集:RL】

関連記事(外部サイト)