韓国からの日本への入国制限措置を受け『チェジュ航空・韓国―日本便』大幅減便へ

韓国からの日本への入国制限措置を受け『チェジュ航空・韓国―日本便』大幅減便へ

チェジュ航空(ソウル空港)

 2020年3月9日から3月31日まで、韓国からの日本への入国制限措置をうけて、韓国LCCチェジュ航空にも激震が起きた。

 成田発着だけでも、ソウル5便、釜山1便、グアム1便を飛ばしている。日本人旅行者では、ソウルを経由してフィリピンの、セブやボホール。釜山を経由してセブに向かうなどの利用客もあった。

 日本入国には、14日間の隔離措置が実行されるため、短期の旅行目的での韓国人旅行者のほとんどはキャンセル。またこの措置が延長される可能性もあることから、入国制限措置が終わる4月1日以降の航空券の購入にもブレーキがかかる。

 韓国LCCの経営状態は特に厳しく、韓国政府への支援を要請している。しかし、韓国にはメガバンクと呼ばれるような大きな資金量のある銀行は一つも無く。韓国の財閥系企業でも、日本の民間銀行を頼っているのが実情だ。
【編集:RO】

関連記事(外部サイト)