新型コロナウィルス罹患を恐れて、韓国を逃げ出す不法滞在者5,000人

新型コロナウィルス罹患を恐れて、韓国を逃げ出す不法滞在者5,000人

美味しい韓国フード 伝統薬膳料理 サムゲタン(参鶏湯)。鶏肉に高麗人参、各種漢方素材を入れて煮込んだ名物スープ。 滋養強壮・免疫力向上にも役立つ健康食。 体が芯からあったまる。 新型コロナウイルス対策のメニューとして勧める医師もいる。

 2020年2月末時点で、韓国の不法滞在外国人は5,000人が、新型コロナウィルス罹患を恐れて、韓国を逃げ出した。前年同シーズン比で約5倍の多さだ。

 不法滞在外国人の数はどれほどいるのか分からない。寛容な韓国では、違法性を持った人間に暮らしを許しているのかと思うと、韓国が恐ろしく思えてくる。あくまでも、この5,000人は、新型コロナウィルス罹患を恐れて、韓国を離れたいと申し出た人たちで、多くの不法滞在者が、韓国には滞在していると思われるが、実数は不明だ。

 不法滞在であるのに、強制送還ではない。あくまでも、自主出国申告をしてきたのだと言う。不法滞在外国人らが、出国管理庁などを訪れて申請する危険性を考えて、韓国法務部はオンライン事前申告制を施行したと言う。

 不法というのは、観光かなにかでビザが切れてもそのまま滞在していた人や脱北して無国籍のまま滞在していた人、中国から陸路パスポートなしで入国した人などが想定される。自主出国と言えど、今や韓国からの入国を拒否している国の方が多い。法的にも韓国に滞在することも出来ず、コロナも怖いから個人的にも韓国にはいられない(もし罹患しても、まともな医療は受けることが出来ない)。しかし、自国に戻ることはできない。彼らは一体どこに行こうとしているのか。

 不法滞在外国人は、出国3〜15日前までにオンラインで申告すれば、滞在地の出入国管理庁を訪問せずに、出国当日に空港ですぐに出国できるようになると言う。

 しかし、身元が明らかになることへの懸念から検診を避けるのを防ぐため、韓国は「不法滞在外国人通報義務免除制度」を運営している。

 国際的人道上的には、すばらしいことかもしれないが、自国の国民でないあくまでも不法滞在者に手厚いのは、韓国にどのような「理」があるのだろう。
【編集:RL】

関連記事(外部サイト)