人権など今は関係ない、コロナを封鎖するためにー韓国

人権など今は関係ない、コロナを封鎖するためにー韓国

韓国の国旗

 2020年3月、新型コロナウィルス対策の施策を守らなかったら、凶悪犯罪と同等の扱いを行う。例えば、隔離対象者が居住地を無断で抜け出た場合。

 韓国の丁世均首相は、「正当な理由のない者が、隔離措置に違反した場合、無寛容原則を適用する。韓国人の場合は告発措置を、そして、外国人の場合は強制出国措置を取る」と宣言した。

 許可は担当公務員から受ける。それによって外出が可能になる〜どこを通った、誰に会ったかは明確にしなければならない。韓国人がもし違反すると、自宅隔離の際に支給されている生活支援金(4人家族で14日間分123万ウォン(約11万円)も受け取ることは出来なくなる)。

 これと共に、自宅隔離を守らなかった場合は、緊急出動措置を警察が下すことになる。「自宅隔離から無断で離脱した者に対して、『コード・ゼロ』を適応する。緊急出動するために、相応の措置を受ける」としている。

 コード・ゼロとは。韓国では、警察への通報を0から4まで5段階で分類している。4が低めの査定である。自宅隔離からの無断離脱は、殺人や拉致などの現行犯に適応される0という最も高い段階を指す。通報があったら、すぐに第一線の警察官はもちろんのこと、刑事も出動する。つまり、自宅隔離違反は、凶悪犯罪レベルになる。

 外国人が入国する際は、自己隔離アプリをインストールさせる。拒絶した場合は入国させない。だが現在インストール率は60%程度だ。

 最後に一つ疑問がある。食品などの購入に関してはコード、いくつになるのだろうか。食べ物がないと弱った身体で生きてはいけないのだから。そこは、韓国得意の配達なのか? 。配達員が全滅した際は誰が行うのだろう。
【編集:OM】

関連記事(外部サイト)