マニラ空港・飛行機の離発着を第1ターミナルに集約 ANAは第3から第1へ移動

マニラ空港・飛行機の離発着を第1ターミナルに集約 ANAは第3から第1へ移動

マニラ空港第一ターミナル JAL搭乗ゲート(資料写真)

 2020年3月28日、外国人の入国を禁止しているフィリピンでは、多くのフライトが欠航になっている。第1から第4まで4つのターミナルビルに別れて搭乗手続を行ってきたが、空港コストを削減するため、今日からは第1ターミナルに集約して、搭乗手続きを行うことになった。

 日本便を運航しているANAは、第3ターミナルから第1ターミルにカウンターを移動した。JALは、従来通り第1ターミナルのまま。

 フィリピン航空や、セブパシフィックは、既にフライトを停止している。

 第一ターミナルは、空港設備の更新工事が行われおり、従来よりは快適になったが、第3ターミナルと比べると老朽化が目立つ。テナントとして入っている飲食店数も少ない。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)