新型コロナウイルス感染防止「集合場所の定義が、世界的におかしい!」

新型コロナウイルス感染防止「集合場所の定義が、世界的におかしい!」

韓国の国旗

 2020年3月、新型コロナウィルスの感染源は未だにわからないが、とにかく人の集まる場所での感染は間違いない。

 日本では、ライブハウスでの感染がさも集まった人間が「無知」のように叩かれているが、今日も街のパチンコ屋には開店前から長い行列がある。パチンコ屋は、球を衛生的に洗うし、打つ処もアルコール除菌しているから大丈夫だと言う。

 あんなに隣と近く座っていたら濃厚接触はどうなるの? と問いたいほどだが、政府のとても偉い方が、パチンコ業の組合の偉い人もやっているから取り締まられないとか。

 また、パチンコ業は、在日の方が経営者の場合が多いから、韓国や北朝鮮からの内内の要望で取り締まれないとか、いろんな説が出ている。大量感染しないと政府も動かないだろう。

 さて。韓国では、クラブのSNSサイトに「コロナに感染したら治療すればいいんだし、とりあえず遊んでみよう(笑)(笑)」と書き込まれた。そのクラブ内では、若い男女数百人がひしめき合って踊っていた。人と人の感覚は50cm以上離れているということは、なかった。さらに、マスクをつけている若者もいなかった。

 翌朝、警察と役人が摘発に向かった。向かった先は、礼拝をしていた、教会数カ所だった。大部分の信者が感覚を1m以上開けていた。またマスクをみんな着用していた。

 韓国だけを責めるつもりはない。日本とて同じこと。なぜ、取り締まられるべきところが違うのか。韓国の市民も「いったい政府は今、何をしているのか」と怒り心頭になっている。国民全員で死のうとしているのか。

 日本での感染者の感染場所は各々違うが、報道に乗せるために、一度感染者を出した場所に行ったアリバイを「検査する病院」が押し付けてくるという。つまり、感染場所を特定して「そこに行った人が悪い」ということにするのだ。政府、国、政治家がなにを考え、なにかを私的利権として得ようとしている。

 韓国の人々よ、日本もそうだ。東京オリンピックが延期になった直後に感染者が増えるなんておかしいじゃないか。共に、庶民としてがんばっていこうではないか。集合場所の定義が、世界的におかしい。
【編集:TS】

関連記事(外部サイト)