フィリピンへの渡航中止勧告で、不安広がるセブ

フィリピンへの渡航中止勧告で、不安広がるセブ

フィリピン

 2020年3月31日、外務省がフィリピンへの渡航中止勧告を出したことから、4月15日以降のセブ発日本行きの運航に悪影響が出るのではないかとの不安が広がっている。

 現在セブ州全域で、外出禁止令・都市封鎖(ロックダウン)が出されている。フィリピンは海外旅行者の入国禁止を実施中で日本がレベル3の渡航中止勧告を出したことから、当面セブ発日本行きが再開しないのではないかとの見方が広がっている。

 フィリピンの新型コロナウイルス感染確認者数は2,084人で、数か月後には8,000人を超える勢いになりそう。地域によってはすでに医療崩壊が起きている。これまでの死亡者は88人。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)