登山とゴルフだって、韓国人には敵わないなあ〜

登山とゴルフだって、韓国人には敵わないなあ〜

韓国の国旗

 2020年4月、不要不急の外出ってどこまでの線引きなのだろう。空気って、どこかでブロックされていて、そこには新型コロナウィルスが不在なのだろうか。

 会社も次々休業になっているのは、世界規模。またクラスター発生の危険性があるから、スポーツジムも休業。

 ウォーキングや散歩は自粛しつつも許されているけど、完全にランナーの格好でジョギングしている人もいますね。家にいれば当然ストレスがたまります。それは、一人暮らしでも、家族がいても。会社や学校はその精神的なバランスを取るのにちょうどよかったのでしょうね。だれも解決策を持っていないし、今は世界規模で我慢なのです。

 でも、韓国の方々は、息が詰まるのでゴルフをするのですって。屋外スポーツであるゴルフは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の影響から比較的自由だからだそう。

 ストレスが解消できて、運動もできるからって、気の合う友達とゴルフですって。友達とは話さないのかしら。

 ある人は、登山。新型コロナウィルスによる「鬱(うつ)病」解消…新型コロナウィルスが鬱病の原因ならば、今までも存在していたはずだし、治療法もありますよね。韓国の方は、すぐに鬱病のなるのですね。繊細なのですね。通っていたスポーツジムが閉鎖されて、運動が出来ないから、登山なのだそうです。

 春めいてきて、ソウルの有名な山は登山客でにぎわっているし、若い登山人口も増えているのだそう。密接しないのかしら。

 そのために、ゴルフウェアや登山用品がバカ売れなんだそう。

 今、命の瀬戸際にいる人がいる。それでも、それを「鬱病」の原因として見ないことにして、登山とゴルフか。

 日本でも、有名俳優石田純一さんがゴルフ行って罹患したけどね。ゴルフが本当に大好きな政財界の人が罹患したって話は聞かない。特効薬があるのなら、韓国産なのだろう。

 マスク1枚に必死になって、必死に「手洗い」「うがい」を、やってるのが、バカバカしくなるのは、なぜだろう。

【編集:KO】

関連記事(外部サイト)

×