フィリピン新型コロナ感染防止で「マニラ市サンパロック (Sampaloc)地区・2日間完全封鎖」へ

フィリピン新型コロナ感染防止で「マニラ市サンパロック (Sampaloc)地区・2日間完全封鎖」へ

フィリピン・ドゥテルテ大統領 ABS-CBN Newsから 2020年4月21日

 2020年4月21日政府は、4月23日と24日の2日間、新型コロナ感染防止策として、マニラ市サンパロック (Sampaloc)地区を、完全封鎖すると発表した。新型コロナウィルス感染確認者がこの地域で急増しているため、理由の如何を問わず自宅隔離し、一切の外出が禁止となる厳しい措置だと、フィリピンメディアABS-CBNは伝えている。

 セブ州の新型コロナ感染確認者はセブ市が173人、死亡6人。マンダウエ市の感染確認者は9人。ラプラプ市の感染確認者は13人になった。

 フィリピンの全ての公立学校は、6月の新年度の授業開始を2カ月遅らせて、8月スタートになる。

 フィリピンの新型コロナウィルス感染確認者は、6,599人、死亡者437人、回復者654人。フィリピン政府と各地方政府(自治体)は、生活困窮者の支援に力を入れていることを重ねて伝えている。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×