フィリピン・新型コロナウィルス「羽田・成田発 マニラ行き欠航/マニラ発 羽田・成田行き運航」

フィリピン・新型コロナウィルス「羽田・成田発 マニラ行き欠航/マニラ発 羽田・成田行き運航」

フィリピン・マクタン島ラプラプ市(2020年5月3日撮影)

 2020年5月4日、フィリピンでの新型コロナ感染確認者は9,485人、死亡623人、回復者1,315人になった。

 セブ州でも感染確認者が増えており、主要3市のセブ市では900人、ラプラプ市39人、マンダウエ市90人となった。予定していた各世帯へ検体採取は5月6日からに変更された。

 マニラでは、厳しい生活状態に置かれている人が増えており、食料を得るため海で魚釣りをする人も増えた。また、ジプニー(乗合バス)ドライバーに中には、住居を失い車中暮らしを余儀なくされた家族もおり、富裕層の人から食料の支援を受け、耐え忍んでいる状態。

 5月3日から国際線旅客機の発着が禁止されたマニラ空港では、発着に関する情報が錯綜している。5月4日マニラ発羽田行のANA・NH870便は運航した。5月5日の成田発マニラ行きのJAL741便は欠航。5月5日のマニラ発成田行きJAL742便は運航予定になっている。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×