アビガンの臨床テスト・フィリピンでも! 「新型コロナ感染確認者10,000人超え」

アビガンの臨床テスト・フィリピンでも! 「新型コロナ感染確認者10,000人超え」

フィリピン

 2020年5月6日、フィリピンでの新型コロナウィルス感染確認者は10,004人。死亡者は658人、回復者1,506人となった。

 フィリピン政府は、富士フイルム富山化学が開発したアビガンの臨床テストを、1,000人規模で実施したい考えで調整を急いでいる。

 フィリピンのテレビ局GMAによると「猛暑が続くマニラ市では、エアコンなどの利用が急増したため一部の地域で電圧が低下し停電になった。

腐敗食品を販売目的で運んでいた中国人2人が、マニラ警察に逮捕された。冷蔵・冷凍設備の無いトラックで、900キログラム(約50万ペソ相当)の肉やソーセージを運んでいた。周囲には悪臭が立ち込めていた。

オンラインゲームの違法運営で、63人の中国人と13人のフィリピン人が、マニラ警察に逮捕され事情聴取が行われている」など、中国人の犯罪が目立った。

【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×