フィリピン保健省DOH、日本に治験薬として「アビガン提供要請」

フィリピン保健省DOH、日本に治験薬として「アビガン提供要請」

フィリピン

 2020年5月7日、フィリピンでの新型コロナウィルス感染確認者は、10,343人。死亡者685人、回復者1,618人になった。

 医療関係者の感染者も多くおり、感染確認者は1,886人。死亡者34人。回復者は403人。1日も早い治療薬の承認が待たれている。

 フィリピン主要新聞 Sun Star によると、フィリピン保健省(DOH)は、富士フイルム富山化学が開発したアビガンの臨床テストを実施することを決めた。

 マリア・ロザリオ・ベルゲイル(Maria Rosario Vergeire)DOH次官は、アビガンは、100人の新型コロナウィルス感染患者に投与すると語った。

 治験のために100人の患者を決定し、日本からのアビガンの到着を待っている状態。日本へ治験薬としてアビガン提供の要請を行っていることを明らかにした。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×