日本メーカーブランド「シャワー用・湯沸かし器のコンセントから出火」危うく火事に!

日本メーカーブランド「シャワー用・湯沸かし器のコンセントから出火」危うく火事に!

マレーシアで生産され、信頼の日本ブランド製品として東南アジアで人気のシャワー用湯沸かし器(2020年5月11日撮影)

 2020年5月10日、フィリピン・マクタン島ラブラプ市内のアパートで、設置したシャワー用・湯沸かし器のコンセントから出火する事故が発生した。

 シャワー用・湯沸かし器は、今年1月に新たに設置したもので購入から4カ月弱。経年劣化の可能性は低い。事故の原因は不明だが、製造上の欠陥、湯沸かし器の設置施行の不良、壁側コンセント・配線の施工不良などが考えられる。

 東南アジアでは、お湯シャワーを使用する家庭では、電気湯沸かし器を設置することが一般的。今回出火した湯沸かし器は、水圧が低い地域でも使用できるよう、水を吸引する機能が付加された高品位モデルだった。
【取材:KL】

関連記事(外部サイト)

×